入学準備として先輩ママにいろいろ教えてもらったこと

小学に入る時に、親が一番心配することとしてそこで馴染むことができるかということですね。勉強ができなくても、楽しく通って欲しいと望むのです。しかしその一方で、子供は子供なりにいつの間にか大丈夫と馴染んでいくだろうと安心した気持ちでいることが多かったのです。そのことを思ったのですが、友人からそんなことではダメで言われてしまいました。そんな風に思うだけではダメということです。

子供は、小学生になるとそこで人見知りをすることが多いです。そこでやっぱり子供同士がなれることが大切なんですね。そこで考えたこととして、だいたい3歳ぐらいから、子供たちが集まって勉強をすることができる学習塾に通わせることにしました。それは立派な入学準備です。そんなことをしてまでもいいのではと思うこともありましたが、そこに行くことにより子供が少しづつ変わり始めたので入学準備として必要なことかもと思うように。
何よりも、入学準備としていいと思ったのはじっくり座って何かをするということです。それまで、じっくり座るということを全くできませんでした。それはとても危ないことですね。座ることができないと、授業を受けることができないのです。そこで、入学準備として行かせたことは、大正解だったと思っています。

また良く子供が集まる遊び場所に連れて行くことにしました。そこでは、子供同士でコミュニケーションをとって欲しいと思ったからです。そのようにしたことで、すんなり小学に行くことができたので、よかったと思っています。

入学準備は、ものを揃えるだけではダメです。やっぱり学校が学びの場所として、大切であること、楽しくできる場所であることを、子供自身が感じれるのが重要ですね。そして私が行った、塾に行かせることや子供たちが集まる場所で一緒に遊ばせることはとても大切だと改めて感じます。

とりあえず必要なモノを入学準備として揃える

今までは、そんなに必要とされないものでも入学をするとなると色々と準備が必要ですね。そのことは、とても注意をして入学準備をすることが大切と思っています。

そこでまず、入学準備としてインターネットでほかの人たちはどんなモノを用意しているのかと思い、検索をしてみました。ところがその検索をすると、とても悩むことがあったのです。それは地域により、その入学準備するものが違うことがあるということです。私の地域では地域なりの準備するものがあると思って、そのことを先輩ママに聞くことにしたのです。

一番いいのは、自分の子供が通う小学校に行っている子供がいるお母さんに聞くといいですね。そうすると、リアルな必要なモノを聞くことができます。そしてそのようにすることにより、これとこれがあるととりあえずいいと思うことも。
仕事をしている私にとっては、時間を作っていろいろ準備をすることは大変です。そのため、入学をして困らない程度のモノを準備することにしました。とりあえずいるものとしては、ランドセルと、勉強道具と机です。それを揃えていると、まず安心かなと思うことができました。

孫のためにランドセルに関しては祖母が買うことになっていました。そのことを楽しみにしているので、いいですとは言えません。しかし入学準備のランドセルは、やっぱり子供が好きな色やデザインを欲しいと思うのです。子供が使うものなので、その点は配慮してあげたいですね。

そこでランドセルについては、祖母に一緒に買いに行きたいと伝えました。そのようにすることにより勝手に買われることがないのです。そして、入学準備のランドセルをネットで見てこんなふうなのがいいと、ある程度イメージをふくらませて買いに行くことにしました。そして子供がとても気に入ったランドセルを買うことができたのはとても良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です